一期一絵

在原の廃屋

a0198559_024459.jpg

琵琶湖の北の山奥に、時空を越えてひっそりとたたずむ 「在原」 という茅葺の集落があります。
盛期には大小30余りの茅葺農家が棟を寄せ合っていたらしいのですが、今ではこの絵のように家人をなくした家や、取り壊されてしまった家など、現存しているのは10数軒となってしまっているようです。
地元の方に聞けば、伝建や文化財として行政が保護や援助をしてくれない集落はここのようにどんどん朽ちていくのだそうです。古き良き物に癒される事が多い近年、少し悲しいことですね。
能登半島一周のあと父親の故郷を目指したときに立ち寄ったひとコマです。

(滋賀県高島市マキノ町)
[PR]
# by mmm_500 | 2011-11-08 00:22 | :: 在原の廃屋

田代より穂高岳

a0198559_034529.jpg

いつも河童橋や徳沢への道をいそぐあまり、この田代周辺をゆっくり散策することがありませんでした。
正面に見える岳沢を経て、右に直登して前穂高へ続く 「重太郎新道」 という登山道があります。このハードな登山道には、雨と霧のなかを高山病になりながら登った辛い思い出があります。
無茶な話ですが、一度でいいからこの奥穂高岳の山頂から上高地までパラグライダーで降り立ってみたいのが夢だったりします。
[PR]
# by mmm_500 | 2011-09-23 23:55 | :: 田代より穂高岳

大峰公園の大カエデ

a0198559_235214.jpg

なにかの小冊子の表紙でこのカエデの存在を知り、いちばん色づくであろう10月の初旬にこの木に会いに出かけました。
わたしは巨樹が好きなのですが、このカエデには巨樹が持っている歴史とか太さとかではなく、毎年この時期だけに訪ねてきた人々を魅了させるために、力強く絢爛豪華に生きているような気がしました。
やはりこの木にも自然界の大先輩として敬意を伏し、何も言わずその姿を絵に描かせていただくことにいたします。

(長野県北安曇郡池田町)




a0198559_2112581.jpg

Photo by K
[PR]
# by mmm_500 | 2011-09-02 23:58 | :: 大峰公園の大カエデ

赤城グリーンフラワー牧場

a0198559_1235660.jpg

5月。赤城の山裾ではこうして爽やかな風が風車をゆっくりと回し、木立の間をすり抜けていきます。
数か月前まで赤城おろしの暴風や、強烈な杉花粉を平野部に吹き荒らしていた様子は微塵も感じられません。
春の赤城グリーンフラワー牧場は、こんな牧歌的でピアノの旋律が似合いそうな場所なんです。
[PR]
# by mmm_500 | 2011-08-27 01:24 | :: 赤城グリーンフラワー牧場

槍ヶ岳より穂高連峰

a0198559_0155751.jpg

夕刻、槍ヶ岳の山頂から雲海に浮かぶ壮大な穂高連邦の姿を見て息をのんだ。
ゆるやかなピアノのBGMが似合いそうな風景だが、そこには無音で刻々と変わっていく山岳風景があるだけ。やがて夕日は遠い白山の横に沈んでいき、壮大なスクリーンは静かに消えていった。
[PR]
# by mmm_500 | 2011-07-13 00:07 | :: 槍ヶ岳より穂高連峰