一期一絵

奥只見の春

a0198559_0142177.jpg

雪解け水が入った水田、コブシが庭先で咲く農家、豪雪の只見にはGWになってようやく短い春の訪れがやってくる。実際には二回ほどしか足を運んだことがない場所なのですが、とにかく福島・桧枝岐周辺は茅葺農家の宝庫。
農村散策のほかにも、源流イワナ釣行、猛禽ウォッチング、天然オオクワガタ探しなど、果てしない規模の大自然が広がっている奥只見周辺をもっともっと歩いてみたいのです。

(福島県桧枝岐村)
[PR]
# by mmm_500 | 2013-06-06 00:15

奥利根の桜

a0198559_1214045.jpg

群馬の桜前線は、4月上旬に平野部を満開にしたあと徐々に山間部へと北上していきます。
ここ水上の諏訪峡ではGWが見頃。
雪解けのエメラルド色をした利根川と、残雪の谷川連峰を背に咲き誇るソメイヨシノは、ただただ美しいとしか言いようがありません。
北毛の春はこれから。山や田畑に映える桜を、カメラを持って北へ北へと移りゆく前線を追ってみようかなと思う今日この頃。

(群馬県みなかみ町)
[PR]
# by mmm_500 | 2013-04-08 01:24 | :: 奥利根の桜

真冬の午後の浅間山

a0198559_0565163.jpg

仲間とのスキーの折、私だけ浅間牧場へと車を走らせて雪原のむこうに横たわる浅間山にカメラを向けた。強い北風で手がしびれるのだけれど、あまりにも偉大な山容に圧倒されながら無心で何枚も撮り続けたんだ。
「帰ったら絵に描こう」、そんなことを想いながら。

(群馬県長野原町・浅間牧場)
[PR]
# by mmm_500 | 2013-02-27 01:33 | :: 真冬の午後の浅間山

a0198559_0295983.jpg

内陸の群馬に生まれ育ったせいか、この歳になっても海はずっとあこがれ。
子供の頃の夏はいつも家族で新潟へ、すこし大人になると近くの太平洋に。
いつだって車の窓からあの水平線を見た瞬間、妙にドキドキしたものです。

そして今はなぜか、名も知れずひっそりとした海岸に行ってみたくなります。
季節はずれであったり、朝夕であったり、新鮮な魚が食べたかったり。

波音を聴いていると、やさしい海の歌を聴かせてくれるような気がするから。
   そして、自分では見つからない物事の答えをなんとなく説いてくれるような気がするから。

なぁーんてね、最近は余裕のない毎日を過ごしているせいなのか、余計に海へのあこがれが強いみたいです。

(新潟県上越市) 油絵F4
BGM: 「Silhouette On The」 ※別ブラウザが出ます。すごくいい曲ですので、よかったら音楽と一緒にご覧ください。
[PR]
# by mmm_500 | 2013-01-30 00:34 | :: 海

白馬三山と大出の吊り橋

a0198559_2340013.jpg

スキー、スノーボードで賑わう白馬の街から一歩離れてみると、こんな静かな雪国日本の原風景のような冬景色があちこちに点在している。
吊り橋の向こうに雄大な白馬三山を望む大出集落は、今なお茅葺農家が佇む素敵な場所。
白馬周辺は私の大好きな場所。早朝からかじかむ手で、無心になって写真を撮っていた頃が懐かしい。

(長野県白馬村)
[PR]
# by mmm_500 | 2013-01-11 23:44 | :: 白馬三山と大出の吊り橋